ホクナリンテープ咳

咳が出るのでホクナリンテープを使用しました

咳が出て、なかなか治らないので内科を受診したところ、ホクナリンテープを処方され、胸に貼るように指導があったのでお風呂上りにホクナリンテープを貼って1日過ごすようにしました。
シールで胸部へ貼るだけで良いので面倒ではなく、手軽に利用できるので便利ですし、これを数日間続けていると自然と咳も治まってきました。
ホクナリンテープは、気管支拡張の作用もあるとのことで効果を期待していると、ホクナリンテープを貼って1時間ほど経った頃から咳が次第に収まってきたので楽になりました。
一時期は咳き込むことが多い時もあり、なかなか改善されず心配していましたが、ホクナリンテープを貼ってから少し治まってきたので楽になりました。
同じ部分にホクナリンテープを貼っていると少しかぶれてきたので、背中へ貼っても良いと先生から聞いたので、背中に貼ったりして場所を移動するようにしました。
1日中ずっとホクナリンテープを貼ることになるので胸部は肌も弱い部分ですし、赤くかぶれるようになったので背中などへ場所を移動させることで少しずつ改善されてきました。
ホクナリンテープは、咳が出る時に貼って良いとのことで、アレルギー症状が出て咳が少しで始めたな?と感じた時は、ホクナリンテープを愛用するようにしているので、体への負担もだいぶ軽くなってきました。
ホクナリンテープを貼ってからしばらく時間が経ってから効果を発揮してくるので、その効果を実感するようになった頃から咳も次第に落ち着き、穏やかに過ごせるようになるので、1時間ほど時間を有することになりますが、ホクナリンテープの効果はかなりあるので、日常生活の中で花粉などが多く飛ぶ時期などは、病院でホクナリンテープを処方してもらい使用するようにしています。

このページの先頭へ戻る