子宮内膜症トリキュラー

軽度の子宮内膜症の治療にトリキュラーを使用した結果

私は2年前、軽度の子宮内膜症になりました。

 

最初行った病院では検査しても、異常ないとの診断を受けましたが、月経の際高熱が出て体が動かなくなり、別の病院で検査してもらった所、子宮内膜症の診断を受けました。

 

正直、自分が予想もしなかった病気にかかったので診断を受けた時は、混乱してしまいました。

 

「手術しないといけないのか?」とか「これからどうなってしまうのか?」とか頭の中で不安が駆け巡っていました。

 

すると、先生が「治療法としてピルを服用しましょう。」と言ってくれました。

 

私は、「治療がピル?」といまいちピンときていませんでしたが、次に先生が私に確認されたのは、「子どもほしいかい?」でした。

 

私は即座に「ほしいです!」と答えました。

 

先生の診断としては、「妊娠を希望するまではピルの服用を続ける。」事でした。

 

そして、診断後処方されたピルがトリキュラーでした。

 

実は、3年くらい前に何度か避妊目的に処方してもらった事があって服用方法を聞いていたので、服用に関しては抵抗はありませんでした。

 

その時も確か、トリキュラーだった筈です。

 

その日から毎日服用する日が始まりました。

 

携帯電話のアラームをピルを服用する時間にセットして服用しています。

 

服用のしづらさも特に感じないです。

 

副作用の症状が出たりとかも特に私は感じていないです。

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る